Xiaomi Mi 10シリーズはSnapdragon 865を搭載します。

しかし、他の仕様は隠されたままです。

有名なアジアのプラットフォームWeiboでデバイスの仕様がリークされました。

 

中国からのリーク!Xiaomi Mi 10およびMi 10 Proの仕様が明らかに

 

 

Xiaomi Mi 10の仕様になります。

リークによると、リフレッシュレートが6,5Hzの90インチの対角スクリーンを採用する可能性があります。

したがって、 Redmi k30 120Hzディスプレイと同じく、平均よりも高い流動性があります

前のシリーズと同様に、パネルはAMOLEDタイプになるのが明らかです。

スマートフォンには、64MPのメインリアカメラまたはSony IMX686センサーが搭載され、他に20台のカメラが付属します。

 

これらには、20MP解像度の超広角、12MP解像度で最大30Xズームの望遠、

さらに深さのデータをキャプチャしてぼかし効果を追加する5MPセンサーが含まれます。

 

他の仕様の中には、最大4500Wのケーブルを介した高速充電をサポートする4500mAhバッテリーがありますが、

ワイヤレス充電では30Wに達します。

さらに端末から別のデバイスを充電することも可能で、その場合、最大電力10Wで充電できます。

メモリ構成については、最大12GBのRAMと256GBの内部メモリ用に3つのバージョンが利用可能であることがわかります。

最後に、Mi 10の価格は約3999元であるため、6万円をわずかに超えるはずです。

 

Xiaomi Mi 10 Proに目を向けると、バッテリーのみリークされています。

4500mAhバッテリーですが、今回はワイヤレス充電で最大66Wおよび40Wまでのケーブルを介した急速充電が可能です。

デバイスは、より大きな画面と108MPの解像度のメインカメラを採用する必要があります。 他の3つの解像度は48MP、12MP、8MPになります。

Mi 10 Proバージョンは、基本バージョンよりも低い開始価格で提供されています。

約3799元、つまり約59000円です。両方のスマートフォンは、Android 10ベースのMIUI 11で届くと予想されます。

最後に、これはあくまでリークであるため、正確性は保証できません。

正式な発表を楽しみに待ちましょう!