XIAOMI が、次期フラッグシップモデルである「mi 10」の発売時期を発表しました。

来たるべきその日は、2020年Q1、つまり来年4月ごろの見通しです。

注目が集まる「mi 10」の新しい情報を入手しました。

 

 

Xiaomi Mi 10は108MPカメラで近日公開予定

最も興味深い噂は、Xiaomi Mi 10にSnapdragon 865のプロセッサだけでなく、

100MPのイメージセンサーも提供するとしています。

Samsungとxiaomi にて共同開発中のISOCELL Bright HMXが搭載されるのではないかと言われています。

Samsung が発表している情報では、108MPの解像度で、

1億800万画素(12032 × 9024)という中版ミラーレスに匹敵する高画素高解像度です。

プロセッサだけでなく、高レベルのパフォーマンスをもたらすカメラを期待できそうです。

さらには、ISP Spectra 480には2億ピクセル/秒の画像処理能力もあります。

これにより、10Kビデオを撮影可能といわれています。

センサーのスペック的には8fpsで30Kの撮影も可能そうですが、どうでしょうか。

いずれにせよ、Samsungカメラを搭載したMi 10はDxOMarkランキングのトップに戻る可能性があります。

 

Xiaomi Mi 10:120Hzのリフレッシュシート対応か。

mi 10では、最新の120 Hzのリフレッシュレートが搭載されるという噂があります。

 上記内容が本当であれば、ゲーマーに朗報ですね。