最近よく聞くようになった完全栄養食ですが、みなさんはどのようなものかご存知ですか。

様々な完全栄養食が販売されていますが、この記事ではそもそも完全栄養食とは何か、いろいろな完全栄養食の比較とおすすめを紹介したいと思います。

完全栄養食とは

完全栄養食とは人が必要とする栄養を全て含み、理想的な栄養体系を備えた食物になります。

この食物さえ食べれば、健康維持が出来ると定義づけられていますが、現在発売されている完全栄養食といわれるものはそれだけを食べ続ければ良いわけでなく、通常の食事と併用して、栄養バランスの質を高めるような使い方をするものが多いです。

また、完全栄養食はダイエットの為の食品ではなく、あくまで栄養をバランスよくとる為の食品なので、忙しくてついつい食事を抜いてしまうビジネスパーソンや、後片付けがめんどくさくて家で食事をとりたくない方、美味しいってなに?と思っている食事が完全に作業になってい方におすすめです。

また、牛乳や卵などを完全栄養食と定義づける方もいますが、ここでは、完全栄養食として栄養バランスを考えられて作られた、加工品について紹介いたします。

完全栄養食の種類

COMP

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110233907j:plain

COMPには「パウダー」「グミ」「ドリンク」の3タイプがあります。

「パウダー」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110234101j:plain

好きな飲料に溶かして味を変えて楽しめるタイプです。

粉も小さ目で水によく溶けて、癖もなく、うまいです。

同じ完全栄養食のsoylentと比較して価格は高いですが、味は高評価になっていて、まずいものを続けたくない場合はCOMPがおすすめです。

[amazon asin=”B01N11K6P8″ kw=”COMP 400kcal 93g×24袋”]

「グミ」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110234119j:plain

固形のグミで空いた時間にこまめに摂取できます。

グミといっても触感は固めで、歯ごたえがあります。

間食などの代わりに食べることをおすすめします。

[amazon asin=”B07B3RH59W” kw=”COMP GUMMY 200kcal (80PACKS)”]

「ドリンク」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110234135j:plain

ジュースのようなドリンクタイプで、コップに注いで飲むだけなので、一番手軽に摂取できるのではないでしょうか。

味は豆乳をもう少し濃く、甘めにしあげたような感じで、プロテインのような癖もなく、飲みやすいです。

ベースパスタ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110234629j:plain

BASE FOOD社が出している体に必要な31種類の栄養を含んだ完全栄養パスタです。

1食分に1日に必要な栄養の3分の1を摂取することが出来、カロリーも少なく通常のパスタの糖質が半分、カロリーは30%OFFになっています。

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110234747j:plain
パスタなので、市販のパスタソースなどに絡めて美味しく食事としてとることが出来ます。

COMPのような粉末状の完全栄養食と比べても美味しく食べることができるので、自分の家で腰を据えて食事が出来るが、料理にまったく興味がないみたいな生活の方におすすめです。

[amazon asin=”B075MBM76J” kw=”完全栄養パスタ BASE PASTA ベースパスタ スパゲッティ(細麺)3個セット”]

ベースラーメン

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190110235028j:plain

BASE FOOD社が出している体に必要な31種類の栄養を含んだ完全栄養ラーメンです。

有名ラーメン店「凪」とコラボをしていて、味にもこだわっています。

ラーメンと健康。一見矛盾する言葉ですが、このラーメンは食べれば健康に近付きます。

これほど贅沢なことはないのではないでしょうか。

soylent

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190111195937j:plain

完全栄養食の走りがこのsoylentになります。

パウダー

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190111200217j:plain

いろいろな飲み物に溶かして飲むパウダータイプです。

今回紹介している完全栄養食の中で一番安く、1食200円(400kcal)になっています。

成人男性の1日の必要摂取カロリーは2000kcalなので、1日5食食べても1000円です。

味はCOMP同様投入っぽさやパンケーキミックスっぽさがありますが、比較的まずいという意見も多いです。

とにかく安く続けたいという方におすすめです。

[amazon asin=”B015RYM3IU” kw=”Soylent (One Week (21 meals)) 並行輸入品”]

ジュース

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190111200240j:plain

いわゆるドリンクタイプです。

パウダーより手軽に飲めますが、少し値段が高く、1食300円(400kcal)になります。

ただこちらもCOMPと比べて安いが、味がいまいちという立ち位置です。

バー

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190111201802j:plain

完全栄養食の中で唯一のカロリーメイトのようなバータイプです。

粉末状やドリンクタイプは噛むことをしないので、そこがストレスになることがありますが、バータイプならきちんと咀嚼でき、手軽に食べれるので、バータイプの需要も多いです。

価格は1本224円(250kcal)になります。

完全栄養食の比較

商品名 特徴 価格
COMP パウダー 甘くて美味しい 555円/1食
COMP グミ 隙間時間に小まめに間食出来る 555円/1食
COMP ドリンク 素早く摂取可能 555円/1食
ベースパスタ 食事として楽しめる 500円/1食
soylent パウダー 最廉価 317円/1食
soylent ジュース 安くて素早く飲める 317円/1食
soylent バー 安くて食べやすい 317円/1食

インスタント食品を食べるなら、完全栄養食を食べよう

いろんな完全栄養食を比較してきましたが、どれを選ぶにしても、ぜひ買って頂きたいのは、ついついめんどくさくてインスタント食品に頼ってしまいがちな人です。

栄養の偏っているインスタント食品を食べるくらいなら、完全栄養食でバランスの良い栄養を摂取したほうが健康に良いです。

毎日は食べなくても、家にストックしておけば、手を抜きたいときに罪悪感なく、完全栄養食に頼れるので忙しいビジネスパーソンに最適です。

ぜひ1度は試してみてください。