これからダイエットや健康などで、ジムに行きプールを始めようという方も多いと思います。

しかし、今まではレジャーとしてのプールや、海などの経験はあっても、市民プールやジムのプールに行くのは学生以来という方も多いのではないでしょうか。

やはりジムのプールにもルールがあり、水着なども自由に何でも着てよいわけではありません。

きちんとマナーを守って、継続的に通えるよう、ここでは、ジムのプール通いにおすすめの水着、スイムキャップ、ゴーグルを紹介いたします。

競泳水着の選び方

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109212119j:plain

水着の種類や、素材で選びましょう

ハーフパンツ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109212600j:plain

競泳水着と言えば、この形を連想するのではないでしょうか。

主流のタイプで、膝上まで丈があり見た目もスマートなので人気です。

見た目だけでなく、水との摩擦もその分減るので、初めての方から上級者まで人気のモデルになります。

ボックスタイプ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109212623j:plain

トレーニングなどで人気のタイプがこのボックスタイプになります。

ハーフパンツと比べると丈が短いので、動きやすく、おしゃれなものも多いのが特徴です。

ボックスタイプの中でも長めのハーフボックスはいつも使っている水着と同じような感覚で使えるような長さになっています。

ブーメランタイプ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109214436j:plain

昔からファンの多いブーメランタイプです。

丈はないので、足の動きを邪魔することなく大きく動く事が出来ます。

また、肉体に自信のある人は露出する肌の面積が多いので、おすすめです。

サイズ感で選ぶ

一般的に競泳水着は小さ目を選ぶと吉です。

着続けると記事が伸びますし、体に密着しなくなると水の抵抗が増えて泳ぎづらくもなります。

サイズ感を重視して選びましょう。

素材で選ぶ

撥水効果があるものや、水の流れをコントロールして抵抗を減らしたもの、記事のつなぎ目を極力なくしたものなどいろいろな生地の水着があります。

撥水効果や抵抗を減らすために改良されたものは、固くなったりしがちなので、着やすいかと言われるとそうでもないものもあります。

初心者ならばフィット感を重視して、着やすい生地を選ぶのもおすすめします。

スイムキャップの選び方

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109212931j:plain

競泳帽は、素材で選びましょう。

「メッシュキャップ」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109213744j:plain

学生の時に使っていたようなメッシュ状のキャップになります。

一番安価なタイプで、カラフルなものも多いです。

サイズも細かいのでまずは安いメッシュキャップを使ってみても良いかもしれません。

「テキスタイルキャップ(2wayキャップ)」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109213836j:plain

メッシュタイプは嫌だなと思う方かこのテキスタイルもおすすめです。

このタイプは水着と同じ素材で作られていて、見た目からはあまりダサさは感じません。

伸び縮みもするので、履きやすいので始めたばかりの方におすすめです。

「シリコンキャップ」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109213850j:plain

シリコンで出来ていて、水を一切通さないキャップです。

プロの愛用も多く、耳まで隠すことで水の抵抗を減らします。

しかし、締め付けが強く、キズにも弱く使い方に注意が必要なので乱雑には使えません。

しかし、髪も水にぬれずに済みますので、塩素で髪を痛めたくない方にもおすすめできます。

「2wayシリコンキャップ」

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109213907j:plain

テキスタイルのキャップにシリコンをコーティングしたものです。

シリコンがコーティングされているので水を通しにくく、伸び縮みもするので履きやすいいいとこどりのおすすめキャップです。

バランスが良いのでこのキャップを買えば間違いないかなという印象です。

ゴーグルの選び方

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109213927j:plain

レンズで選ぶ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109214234j:plain

レンズにもいくつか種類があります。

ミラー加工
度つきレンズ
UVカット

です。

それぞれ必要な加工があるものを選びましょう。

あとは好きな色や形で選んで問題ありません。

クッションで選ぶ

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190109214252j:plain

レンズと肌の間にあるゴム製のクッションがあるものとないものがあります。

クッションがないものは水の抵抗が少なく、ズレにくいのでタイムを出したい方におすすめです。

クッションがあるものは装着感が良く、ゴーグルのあとも残りにくいので、フィットネス目的の方におすすめできます。

おすすめセット

AthleX(アスレエックス) メンズ 水着 フィットネス 競泳水着 男性 スイミング ゴーグル 水中眼鏡 スイムキャップ セイムタオル セーム 大きいサイズ 5点セット

めちゃめちゃコスパもよくてこれを買えばそのままプールに行ける5点セットです。

水着、ゴーグル、キャップ、セイムタオル、スイムバックがついています。

特にセイムタオルは小さいのにすごく水を吸うのでプールには欠かせません。

ジムで水泳を始める方には必要十分なセットです。

Dripx メンズ 水着 競泳水着 フィットネス スイミング ゴーグル スイムキャップ スイムバッグ 耳栓 鼻栓 防水バッグ 6点セット

水着、ゴーグル、スイムキャップ、耳栓、スイムバッグ、ウォータープルーフバッグの6点セットです。

意外と耳栓が便利で、耳に水が入らずストレスなく泳ぐことが出来るので泳ぎに集中できます。

このセットのゴーグルは2重バンドになっていて、ワンタッチでゴーグルの装着が出来るのでこれまたストレスなく泳ぐことができます。

スイムバッグは水着セットとバスタオルが入る容量で、もう一つのウォータープルーフバッグはスマホや小物を入れてプールへもっていけます。

S4R(エスフォーアール) 競泳水着 6点セット フィットネス水着 メンズ セームタオル ゴーグル スイムキャップ スポーツバッグ 耳栓・鼻栓

S4Rは比較的競泳水着の中ではよく聞くメーカーです。

セット内容として、競泳水着、競泳帽、ゴーグル、耳栓、鼻栓、セームタオルのセットになります。

耳栓、鼻栓は水泳に集中したい場合、あれば水を気にせず泳げるので、セットについていたらありがたいですね。

しかし、耳栓鼻栓は人によっては煩わしいこともあるので、もしかしたら使わなくなるかもしれません。

私は、耳栓はよかったのですが、鼻栓はいらないかなと感じています。

World Bridge 競泳水着4点セット 競泳ゴーグル スパッツ型水着 水泳水着メンズ 競泳水着メンズ

水着、スイムキャップ、ゴーグル、耳栓、鼻栓のセットになります。

ゴーグルは2重バンドのワンタッチタイプで楽に着脱でき、UVカットと曇り止め加工付きです。

スイムキャップはテキスタイルでかっこいいタイプなので、このセットだけでスポーティスタイルの出来上がりです。

比較的安価なので気軽に試せます。

Ryan Dvan 練習用水泳パンツ メンズ 競泳水着 スパッツ タフスーツ

最低限でよければ水着、キャップのこの2点セットがおすすめです。

最低限この二つがあればプールで泳げますので、千円強で買えるコスパの高いこのセットを買っておけば間違いありません。

競泳水着 メンズ 5点セット(水着 ゴーグル スイムキャップ 耳栓 鼻栓)フィットネス 男性用 スイムウェア ジム

こちらは水着、キャップ、ゴーグル、耳栓、鼻栓の5点セットです。

こちらはキャップが2wayシリコンキャップになっていて、表面にPUコーティングがされています。

プールは塩素が強いので水を通さないこのキャップがおすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

どれも使いやすくかっこいいものを紹介しましたので、どれを選んでも間違いないです。

ダイエットなどは行動することが大事なので、思い立ったらこちらのセットを買って気軽にすぐにプールに出かけましょう。