スノーボードのビンディングのおすすめ人気ランキング【初心者から経験者まで】

Amazon

スノーボードをやっているみなさんは、ビンディングの選び方はご存知でしょうか。

私はスノーボードショップで販売の経験もあるのですが、正直、ブーツ、板は違いがはっきりしていて、自分に合ったものを選びやすいのですが、ビンディングに関しては優先順位が下がっていて軽視していました。

しかし、スノーボートをやっていくにつれ、ビンディングの重要性を再認識したので、今回はビンディングの選び方からおすすめまで紹介したいと思います。

ビンディングの種類

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190107221318j:plain

ビンディングにはいくつか種類があります。

履きやすさ重視なのか、力の伝達力重視なのか、メーカーごとにそれぞれに特化したビンディングを販売しています。

ストラップ型

一般的なビンディングのタイプです。

手でカチカチとヒモをしめる要領でビンディングをしめて行きます。

その為、一番ブーツとフィッティングが良く、足の力を効率的にボードへ伝えられます。

クイックエントリー型

FLOWに代表されるリアエントリータイプの足を突っ込んでハイバックを持ち上げるだけで装着が出来るビンディングです。

上手い人になるとリフトから降りて、滑りながらビンディングを装着できるようになり、ゲレンデで一目置かれるようになります。

また、ストラップに比べるとフィッティングが劣りますが、十分効率的に力をボードへ伝達してくれます。

ステップイン・ステップオン

こちらのタイプは足を板に乗せるだけで装着が可能になる、一番楽なビンディングになります。

カービングonlyの人や、数を多く滑ってまずはきちんとすべるようになりたい人に人気です。

しかし、楽な分ビンディングが重くなったりしてしまい、板を持ち上げたりするのには力が必要になります。

ビンディングの選び方

f:id:cnt-f-wld-scety-cnr:20190107221339j:plain

ビンディングの選び方として、2種類あります。

ブーツとの相性と、自分が滑るプレースタイルです。

ブーツとの相性

一番重要になってくるのが、使っているブーツとの相性になります。

ヒールカップを見て判断することがおおいですが、ブーツとビンディングとの間に隙間が出来てしまうと、ビンディングの中でブーツがずれてしまい、効果的にボードに力を伝えられなくなってしまいます。

滑れない事はありませんが、トリックやライディングにマイナスになってしまいます。

グラトリメインのスタイル

グラトリとは、グランドトリックの略で通常のゲレンデのコースで、キッカーなどを使わず飛んだり回ったりすることです。

グラトリをする場合は、低速時が多い為、足元に自由がきく柔らかいビンディングがおすすめです。

足元に自由がきくと、ボード操作が簡単に行えるため、グラトリの出だしやプレスを有利に行う事が出来ます。

キッカーメインのスタイル

キッカーというジャンプ台を使ってエアートリックを上手く決めたい場合は、固いビンディングがおすすめです。

ビンディングが固いと、ボードへの力の伝達が確実性が増し、ボードが機敏に動きます。

キッカーではハイスピードの中で短い時間で細かい動きをボードへ伝達しなければならないので、固いビンディングが最適なのです。

カービングメインのスタイル

カービングと言うのはゲレンデを滑走するのに適した走法です。

エッジを立てて板の特性を最大限利用してゲレンデを滑走するので、とてもきれいな滑り姿です。

ほとんどトリックをせず、カービングのみを極める人たちもいるくらいです。

そのカービングに適しているのも、固いビンディングになります。

カービングでもスピードを求める場合が多く、少しのミスが命取りになるので、小さい力ですぐ板を動かせるように固いビンディングの力の伝達力が必要になります。

パークメインのスタイル

ボックスやレールなどの道具がたくさん置いてあるのが、パークになります。

そこで、道具を使ってトリックを決めるのにおすすめなのが、柔らかいビンディングです。

パークもグラトリ同様低速の場合が多く、大胆な動きが必要になるので、トリックの初動を有利に行える柔らかいビンディングが最適なのです。

おすすめビンディングランキング

第1位 BURTON (バートン) MALAVITA

有名メーカー「バートン」の人気ブランドMALAVITAです。

高価格なビンディングですが、プロスノーボーダーも愛用しており、どんなスタイルにもマッチする高機能なビンディングです。

ボーダーなら一度は手にしたい商品です。

2位 UNION (ユニオン) FORCE

ダン・ブリーズというプロボーダーを知っていますか?

ファンの多い彼も愛用するくらいこのメーカーは伸びてきていて、密に人気を博しています。

比較的何でもこなせるビンディングで、その秘密はベースに内蔵されているカントで、カービングも出来るし、トリックもしやすいハイバックの柔らかさになっています。

第3位 FLUX DSW

日本がほこるビンディングメーカーのFLUXのブランドDSWです。

ビンディングメーカーでも1,2を誇るメーカーでその中でも人気の商品です。

フレックスは柔らかめで、グラトリやトリックに向いていますが、カービングやキッカーも難なくこなすポテンシャルの高いオールラウンドモデルです。

4位 FLOW FUSION NX2

FLOWはビンディングメーカーの中でも異彩を放つメーカーです。

「Speed Entry」というコンセプトでリアエントリータイプのビンディングを販売しています。

ファンも多い、ハイバックを倒してブーツをエントリーできる、クイックエントリー型です。

ベースに2.5°のカントが入っていて、カービングも力強く決められ、ハイバックは柔らかめに作られていてジブ、パークなど幅広く走破できるオールラウンドなビンディングです。

5位 UNION FALCOR

またまた、FLUXと対をなすメーカー、UNIONのモデルです。

このFALCONは硬めのフラックスでフリーライドやキッカーに適していますが、うまく軽量に作られていてグラトリにも軽やかに挑戦できるモデルになっています。

6位 SALOMON RHYTHM

初級者から上級者まで使えるバランスの良いメーカー、「salomon」の定番モデルです。

どのレベルの人にも使いやすく、大き目なハイバックが効率的にパワーを伝達します。

反応性が高いので、初心者の方にぜひおすすめしたい製品です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ビンディングも滑りを左右する大切なギアです。

きちんと自分にあったビンディングを選んで、お気に入りのビンディングで上達しましょう!

コメント