みなさんはワイヤレスイヤホンを使っていますか。

使っていない皆さんの一番のネックは音質ではないでしょうか。

どうしても電波でデータを飛ばすワイヤレスイヤホンは、有線のイヤホンと比べて音質が落ちてしまい、納得いく音質で聞けませんよね。

しかし、最近のワイヤレスイヤホンは、データの圧縮方式が進化していて、音源を劣化させずに、細部まで表現されているデータを転送できるようになりました。

ただ、やはりまだ対応出来ているイヤホンは少ないですので、今回は音質の良いLDAC、Apt-X、ACCに対応しているワイヤレスイヤホンのおすすめを紹介いたします。

Contents

ワイヤレスイヤホンの音質について

ワイヤレスイヤホンの音質に関わるのは、コーデックというデータ圧縮規格になります。

より高規格になるほど、音質の細部まで録音されたデータを圧縮することが出来るので、音質が良いことになります。

データ規格として、下記の4つが一般的です。

「SBC」

一般的なワイヤレスイヤホンに搭載されている標準的な規格です。
ブルートゥースに標準搭載されていて幅広い機器で使える為、音質の劣化を免れません。
ワイヤレスイヤホンの音質が悪いというのはこの規格のワイヤレスイヤホンの場合が多いです。

AAC

iPhoneに使われてる規格になります。
MP3という一般的なCDと同じ音質と言われているパソコンなどで使われている規格よりも高品質です。

「aptX」

通常のアンドロイドのスマホや音楽プレイヤーに搭載されている高品質な規格です。
iPhoneAAC、アンドロイドのaptXという感じで、比較されることがおおいです。

「LDAC」

ソニーが開発した最高品質の規格になります。
ハイレゾ音源という高品質な音源データを再生できる規格で、現状はこの規格が一番音質が良いです。

PR:世界最小ワイヤレスイヤホン【Schatzii】



世界最小を謳うカリフォルニア発のメーカー「Schatzii」のワイヤレスイヤホンです。

従来のワイヤレスイヤホンは大きさが大きいですが、このイヤホンは3.5gという重さでマイク付きです。

なにより見た目がかっこよく、小さいイヤホンがほしいという方におすすめします。

LDAC・Apt-X・AACに対応しているおすすめワイヤレスイヤホン

LDAC・Apt-X・AACそれぞれに対応しているワイヤレスイヤホンを規格別で紹介していきます。

Apt-X

ERATO MUSE5 Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス ミューズ 5 [Black] | ERATO | 片耳 イヤホン・ヘッドホン 通販

Apt-X、AACに対応しているイヤホンです。

このイヤホンの特徴は世界初3Dサラウンド(音が映画館のように立体感をもって聴こえてくる機能)を搭載している点です。

音質が良いだけでなく、臨場感も感じられるイヤホンになっています。

【国内正規品】完全ワイヤレスのBluetoothイヤフォン EARIN M-2 Black EI-3002

スウェーデンの人気ブランドEARIN(アーリン)のイヤホンです。

Apt-X、AACに対応していて、音質もさることながら、モーション検出機能という特徴的な機能があります。

イヤホンは右耳、左耳、決まった方向で装着しなければいけませんが、この商品は左右どちらの耳につけても問題ありません。

耳に装着した際に、内蔵センサーが働き、右耳につけられているのか、左耳につけられているのかをポジションにて感知し、自動で検出してくれるので、取り付け前のL/Rの確認が不要となります。

ERATO Apollo7 アポロ 7 Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス [APOLLO7s Black]【国内正規品】

カラバリが豊富なイヤホンです。

アップルのイヤホンから乗り換える人が多いみたいです。

AVIOT アビオット 日本のオーディオメーカー TE-D01a 最新 Bluetooth4.0 対応 Qualcomm社製 QCC3001チップ搭載 Bluetooth イヤホン 無線 イヤホン 完全 ワイヤレス イヤホン ブルートゥース イヤホン iPhone Android 対応 (ネイビー)

AVIOT

聞きなれないメーカーですが、日本のメーカーです。

このメーカーの特徴はチューニング技術で、下記売り文句が魅力的です。

日本の音を知り尽くしたオーディオのエキスパート達が、クラシックから最新のアニソンまで1,000を超える楽曲を、延べ2,000時間以上掛けて試聴し、0.1dbレベルの徹底したチューニングにより、コストが許す限り一切の妥協なく完成させました。

AAC

SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン AAC対応 20時間連続再生 自動

ACC対応のワイヤレスイヤホンの中でもコスパ抜群な商品になっています。

少し、低域の解像度が低いですが、ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルとして最適なので、まだ使ったことのない方はこの商品から試してみるのがおすすめです。

[Bluetooth4.0進化版] Bluetooth イヤホンBEESA 完全ワイヤレス イヤホン AAC/SBC対応 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き

細長い口紅のようなケースのイヤホンになります。

赤などになると本当に口紅見たいでポーチに入れてても違和感がないですね。

最大音量にしても、音漏れせずに安心して電車などで使えます。

HAVIT「Bluetooth 5.0 」Bluetooth イヤホン完全ワイヤレスイヤホンTWSイヤホン スポーツイヤホン AAC対応/Siri対応/IPX5防水規格/18時間連続再生/高音質チタンドライバー搭載 片耳両耳とも対応 自動ペアリング自動ON/OFF スポーツ、日常用 充電収納ケース付 左右分離型 マイク内蔵 G1黒+赤

スポーティな見た目で、ランニングなどのスポーツ時に使いたいアイテムです。

見た目通り、IPX5の防水を兼ね備えており、汗などを気にせず使う事が出来ます。

雑誌MONOQLO 2018年9月号でトップ記事になっていて、話題性、人気ともに高い製品です。

LDAC

FREEWAY 1MORE E1001BT

LDACテクノロジー搭載していて、通常のBluetoothよりも3倍高速にデータを送信できる為、より細部の音を落とさずに、そのまま耳に伝えてくれます。

ENC ノイズキャンセリング機能も搭載しており通勤通学に快適に音楽に没頭できます。

ハイレゾ、LDAC対応イヤホンのエントリーモデルとしておすすめです。

ELECOM LBT-HPC1000AVGD

安心安全エレコムハイレゾ、LDAC対応のイヤホンです。

日本製がほしい方におすすめです。

SONY WI-1000X

ハイレゾの先駆け、ソニーのLDAC対応のイヤホンです。

ノイズキャンセル付きハイレゾイヤホンとしては、トップレベルの音質を実現しています。

ただ単にドラムの音、管楽器の音が鳴っているという聞き方ではなく、どんな音が鳴っているかまでわかる再現度になっています。

SONY h.ear in 2 Wireless(WI-H700)

ソニーのイヤホンですが、ノイズキャンセルがついていないが、カラバリを増やしたよりファッショナブルなイヤホンになっています。

色鮮やかで、どんなファッションにも合いますし、音質に関しても色鮮やかな音を出してくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

高音質なワイヤレスイヤホンは販売量も多くなってきて、値段も下がってきています。

この機会に使い勝手の良い完全ワイヤレスイヤホンがどのくらい音質が上がっているのか、試してみてはいかがでしょうか。