【急な雪でも安心】靴に付けるすべり止めのおすすめ人気ランキング【雪国に必須】

Amazon

寒い冬になってくると、雪が降ってきたり、地面が凍結してしまったり、外を出歩くのが危険になりますね。

通勤、通学で毎日外を歩く必要がありますので、少しでも不安を減らす為にとっても便利なものがあります。

それが、靴につける滑り止めです。

スパイクのような形状のものを、普段使っている靴にかぶせる事でいつも使っているお気に入りの靴をスパイクに変える事ができます。

そんなにかさばるものではないので、急な雪などに対応できるようにカバンに忍ばせれば安心です。

今回はおすすめできる靴の滑り止めを紹介します。

靴に着けるすべり止めの選び方

靴に着けるすべり止めの選び方|サイズ

基本的にS M Lの3パターンでサイズ展開されています。

メーカーによって多少違いはありますが、

それぞれ

S(約20.0CM~約24.0CM)
M(約23.5CM~約26.0CM)
L(約26.0CM~約29.0CM)

という感じのサイズ展開です。

靴に着けるすべり止めの選び方|爪の数

爪の数が多い程グリップ力が高まり、安定性があります。

しかし、爪が多いと歩きづらさも出てくるので、関東圏で雪が積もらない地域であればそこまで多くの爪は必要ないかもしれません。

靴に着けるすべり止めの選び方|口コミ

ものによって滑り方が違ってきます。

また、どの程度の雪の積もり方かでも性能が変わってきますので、口コミを見て、去年の豪雨の時などに使ったレビューなどもありますので、参考にしましょう。

靴に着けるすべり止めの選び方|価格

数百円から数千円まであります。

滑りを止めるという単純な機能なので、高くても性能が変わらないのではと思う方もいると思いますが、

高いもののほうがグリップ力が高く、東北地方の良く積もる地方の方は高いもののほうが安心感が高いです。

おすすめ滑り止め

SHiZAK 靴底用 氷 滑り止め スパイク かんじき アイゼン 男女兼用 ワンタッチ 携帯便利 TPE素材 10ピン 転倒防止 登山/釣り/雪道や凍結道路/急斜面の歩行・作業 ブラック

【ノーブランド品】靴底用滑り止めスパイク(替えピン3個付き)滑らない 携帯 靴用ゴム底 かんじき アイゼン スノー アイススパイク

[np] 軽量 簡単 雪道 スパイク 【収納ポーチ付き】 ワンタッチ 着脱 携帯 滑り止め 7ピン ベルト式 靴底滑り止め

JTENG 靴底用 滑り止めスパイク アイゼン 男女兼用 ワンタッチ 携帯便利 TPE素材 10ピン 転倒防止 登山/釣り/雪道や凍結道路/急斜面の歩行・作業 ブラック

AGOOL 超安定の24本爪 アイゼン 靴底用 TPE素材 氷 滑り止め 男女兼用 収納袋付き 脱着簡単 4サイズ選択可能 子供/大人用 登山/釣り/雪道/凍結道路/急斜面の歩行/作業 転倒防止

コメント