おしゃれの定番であるピアスですが、学校で禁止されていて開けたくても開けられない人も多いはず。

まずピアスを空けるためにはピアッサーという耳に穴をあける道具を使う必要があります。

しかし、体に穴をあける為、痛みが伴います。

そこで痛みが少なく、使いやすい製品のおすすめと、ピアッサーの選び方、使い方を紹介します。

ピアッサーとは

ピアッサーとは、ピアスの穴をあける際に使用する医療器具です。

医療器具とは言っても、市販されていて、気軽に誰でも使えるものになっています。

しかし、耳たぶに穴をあける為の道具なので、失敗すると、膿んでしまったり、痛みが長引いたりしてしまいます。

そのような事がないように、ピアッサーについては十分調べてから使いましょう。

 

 

ピアッサーの選び方

 

開けたい穴の大きさで選ぶ

ピアスを開ける際は太い穴を開けたいか細い穴を開けたいかで使うピアッサーが違いいます。

ピアッサーのゲージを確認しましょう。

  • 18ゲージ;約1.0mm
  • 16ゲージ;約1.2mm
  • 14ゲージ;約1.6mm
  • 12ゲージ;約2.0mm

 

 となります。

 

穴を開けたい場所によってゲージを選ぶ

 

  • 耳たぶ;18ゲージや16ゲージ(16ゲージが一般的です)
  • 軟骨;14ゲージ
  • へそ;14ゲージ

 

 

素材で選ぶ

 

ピアッサーには最初のピアスとなるファーストピアスがついています。

開けた後は2~3ヶ月はつけっぱなしにするものなので、アレルギーのある素材だとトラブルになります。

きちんと素材を確認して選びましょう。

 

 

 

チタン

アレルギーにおすすめなのがチタン製のものです。

チタンはアレルギーのもととなる成分が溶け出さない素材なので金属アレルギーの方でも安心してつけられます。

 

ステンレス

一般的なピアスによく使われている素材がステンレスです。

金属アレルギーの方にはお勧めできませんがそうでないならステンレスのものを選んでいれば問題ないです。

 

 

 

樹脂

中には樹脂のピアスもあります。

もちろん金属アレルギーの方にはお勧めできますし、ピアッサーについている樹脂製のものはホールになっていて、自分の好きなピアスをホールに通して装着することも出来るピアッサーも販売されています。

しかし樹脂製のものは傷がついて不衛生になりやすいので使用に注意が必要です。

 

 

 

おすすめピアッサーランキング

 

 

1位  瞬間ピアッサー

痛くないピアッサーで有名な商品です。

ピアスが初めてで、ちょっと怖いという方に安心してお勧めできます。

病院で注射をしたことがあると思いますがその痛みより、全然痛くないです。

 

 

2位 ティピア

チタン製のピアッサーで金属アレルギーの方にもおすすめです。

ピアスを開けるときに狙った位置にうまく開けられなかったというのよくある失敗談ですが、このピアッサーは開けたい位置に固定する機能を持っているので位置ずれをすることなくピアスを開けることができます。

初めてでうまく開けられるか心配な方や不器用な方におすすめです。

 

3位 ピアッサー ピナック2 片耳用

 

 

アマゾンランキング第1位のピアッサーです。

一番のメリットは価格の安さで、1個700円以下で買えるコスパが人気の秘訣です。

また、とても軽い力で開ける事が出来、強く押し込む必要がないので、穴をあける位置を固定しやすいので女性の方におすすめです。

 

 

4位 セイフティピアッサー 透明樹脂

樹脂製の透明ピアスがファーストピアスになったピアッサーです。

 学生の方や、周りにピアスを気付かれたくない方などに、お勧めです。

 

 

5位 ワンダーワークス ピアチェーレ 

 

こちらは樹脂製のファーストピアスがついたピアッサーです。

特徴としては、ファーストピアスに穴が開いていて、そこを通して自分の持っているピアスを上から装着することが出来ます。

ファーストピアスは何か月もつけっぱなしにしなければいけませんが、最初から自分のピアスを使いたいという方におすすめです。

しかし、このピアッサーは比較的痛みが大きいので、痛みに弱い方は気を付けて使ってください。

 

 第6位 セイフティピアッサー純チタン製 シルバーボール

 

少し値段が高いですが、純チタン製のピアッサーです。

ステンレスだとアレルギーが、樹脂製だと癒着が心配という方におすすめです。

癒着もせずに、アレルギーも起こさないので、トラブルを起こすことなく安心して使用できます。

 

 

第7位 JPS セイフティピアッサー 軟骨用 14ゲージ

軟骨用ピアスで1000円以下というコスパで人気のあるピアスです。

軟骨用と書いてありますが、メーカーで特に軟骨用としているわけではなく、トラガスなどにも使用することができます。

コスパの高い商品のため、上手く開けられる人じゃないと、最後まで貫通せずに最後の一押しが必要な場合もありますが、慣れている人におすすめしたい商品です。

 

8位 セイフティピアッサー シャンパンカラー (軟骨用軸太ロング純チタン処理)3mm

チタン処理された金属アレルギーの心配のないステンレス製のピアッサーです。

金属アレルギーの方はこちらがおすすめです。

上記のコスパの高い軟骨用ピアスよりかは開けやすく、最後まで貫通させやすいです。

 

 

 

 

痛くないピアッサーの使い方

 

まずは下記を用意します。

・ピアッサー
・消毒液
・マジック
・保冷剤

 

まずはマジックで開けたい場所に印をつけます。

直接目で見て確認出来ないので、あらかじめ印をつけて、印めがけてずれないようにピアッサーを使います。

耳を冷やす

保冷剤で耳を冷やします。

冷やせば冷やすほど、感覚がマヒするので痛みが鈍くなります。

10分は冷やすことをおすすめします。

 

消毒する

手と耳を消毒しましょう。

ここで消毒を怠ると、傷口から菌が侵入し膿んでしまったりしこりが出来たりするので、大事なところです。

マキロンでも可能ですが、結構しみるので、ピアッサー用のジェルタイプのものがおすすめです。

 

ピアッサーで穴をあける

 

ここまで来たら穴をあけるだけです。

耳に対して垂直になるようにピアッサーをつけたら、押し込みましょう。

バチンと大きな音がしますが、しっかり冷やしていたら痛みは少ないのではないでしょうか。

みみの感覚が戻ってきたら、ジンジンと熱い痛みがやってきますが、我慢できない痛みではないので、そのまま日常生活を送りましょう。

あけたばかりの時は、しっかりお風呂の時に洗って、小まめに消毒液で消毒することで膿みが少なく抑えることができます。

最初についているファーストピアスはあまりいじらずにそっと刺激を与えないように2~3ヶ月生活しましょう。

 

 

 

最後に

おすすめピアッサーを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

体の一部に穴をあける行為ですので、自分でピアッサーを使って行う場合は、

この記事を参考に自分に合ったピアッサーでミスのないように開けておしゃれを楽しんでください。